ライトノベル「空の鐘の響く惑星で8」

最新巻である8巻も読み終えました。
いつもより分厚かったからか、今までの本の倍くらいの時間をかけて読みました。
面白かったです。よかった!

*****これより下ネタばれ含みます*****
空鐘読者の方々、乾杯!
この巻で、タートムとの事そしてウルクの事の2つが解決しましたね。
特にウルク治ってとてもうれしいヽ(´▽`)/
あと、ソフィーも初登場にして色々ありましたね。
目が覚めて目覚めた後のブラドーとの事、とても面白かったです。
父のバロッサも生きていてよかった。
イリスもこの巻を読むまでは嫌なキャラでしたが、エンジェが幻鳥から落ちた時の話でちょっと好きになりました。
ウルクが治るところと、ソフィーが目覚めるところと、
このイリスがエンジェを助けるところが、特に好きな箇所でした。

9巻も待ち遠しいです。


このページの上部へ