コミック「月刊ジャンプ - クレイモア」(CLAYMORE)

知らない人は知らないという、月刊ジャンプで連載中の漫画です。
作者は元々、月刊ジャンプで「エンジェル伝説」という、学園ギャグ(?)漫画を描いていた八木教広(やぎ のりひろ)さん。
エンジェル伝説がとても好きだったので、作者繋がりで読み始めました。
お笑いではなくなって、初めはショックだったのですが、ファンタジーという事でまた違う面白さがあります。
絵がとても細かくきれいで、(この漫画はグロテスクではありますが)それだけでも見る価値あります。

このコミックの紹介↓ *多少ネタバレあると思います*

世界観は、点々とある街の外に妖魔がうろついている中世ヨーロッパという感じ。
主人公は、人々を度々襲う妖魔をお金を貰って退治する組織に属し、(大剣を持ち歩くため)クレイモアと呼ばれている戦士の一人、半人半妖の女。
人である女であるが、半分は妖魔を取り入れているため、人々からも恐れられている。
男は半妖で止まれず、すぐに覚醒してしまうため、47人居る現在のクレイモアは全て女。

ある街で出会った男の子のお陰で色々おこります。
お気に入りは、過去で最強のクレイモアだった覚醒者の一人、西のリフル。
すごく強いはずなのに、見た目普通の女の子。
旦那の妖魔も面白くてすき。

最新巻である9巻は、そんなリフル達VS主人公達。面白かったです。



このページの上部へ