ライトノベル「戦う司書と雷の愚者」

前に紹介した「戦う司書と恋する爆弾」の続編。
例のままグロテスクな表現(?)がありつつも、これは面白かったです。

死んだら本になるという独特の世界観。世界観に負けない独特のストーリー。
1巻ほどではないけど、おぉと言う展開でした。
ハミュッツ=メセタが謎です。


このページの上部へ